「最高神アマテラス。
 神である。午後ティー買ってこい。」

八百万神という言葉がある。
その割には今の日本は不運だったり
不幸だったりしないだろうか。

実はそれ
神様がサボっているからなのだ。
(高天原調べでは七百万ぐらい)

「オマエをスカウトすべく降臨した。」

白羽が立ったのは「平井コーヘイ」
背の低さがコンプレックス
トサカみたいなアホ毛が生えている。

彼女自分専用のおっぱいが欲しい
青春真っ盛りの男子高校生。

なし崩し的に神様になってしまったコーヘイ。
彼を監視するために同居することになった
「天照型大神第拾参分霊アマテラス(通称てらす)」と「ヤタ」

ラブコメ展開が待ち受けていると期待したのだが、
待っていたのは働かない、ゲームやネットが趣味、
女子力皆無の駄女神との日常+国津神との戦いだった。