鍋に湯を沸かし、肉を引き千切り入れる。
水洗いも皮むきもしない野菜を雑に切り入れる。
小麦粉をざっぱーと入れて完成。

「どーぞ!召し上がれ!」

灰汁は取らない
材料の大きさは整えない
味付けはしない

形容し難きそれは
想像通り・・・いやっ!
 想像を超えてマズイ!!

ここの種族は「美味しい」を知らない。

怪我で野球を辞めた「サブロー」は
ひょんなことから異世界に迷い込む。

取り柄は料理

ただし食材を無駄にすると
首をざっぱーとされる。

遊牧民、草原エルフと暮らすため、
何より不味い料理に耐えられない自分のため。

元野球部マネージャー
異世界で料理の腕を揮う!!!